あなたの社員食堂はどんな提供方法?企業ごとの考えと提供方法

日々の営業活動のなかで、一般企業様から社員食堂についてのご相談を受けると、各企業様が様々なお考えをお持ちになっていることに気づかされます。

皆様の社員食堂はお食事をどのように提供していますか?

今回は一般企業様の社員食堂におけるお食事の提供方法等について、私の経験から説明させて頂きたいと思会います。

続きを読む

給食業界に於ける人手不足と、その中で求められるサービスの向上

日々の営業活動において、お客様とお話しさせて頂いた際や営業部へのお問い合わせに対応した際、よく耳にする言葉があります。

それは「人員不足で困っている」という言葉です。

以前から耳にしていましたが最近、仰っているお客様が急激に増えたように実感しております。
現在、我が国においては人員不足の問題は、給食業界だけではなく飲食業界や各業界で深刻化しております。
人手不足倒産というケースもあるようです。

私が肌で感じた事、よく言われている問題をいくつか挙げさせて頂きますと…

続きを読む

「味」と「におい」と「新型コロナ」

このブログを書いている2020年5月中旬現在、新型コロナウイルスが世界中で流行し、日本においては未だ収束に至っておりません。

今回なぜ新型コロナと味覚・嗅覚をテーマにしたかというと、株式会社ケイ・エフ・ケイは事業所給食の会社であり、日々従業員食堂や福祉施設などでお食事を提供しております。

楽しくお食事をするという行為には当然のことながら味覚(あじ)と食欲をそそられるにおいは切り離せず、その2つが無ければ食事を美味しく食べることはできないと思ったのが理由です。

 

ところで、僕は阪神タイガースの藤浪投手の新型コロナウイルス感染報道を通じて、新型コロナウイルスと味覚・嗅覚異常に関連があるのを知りました。

続きを読む

長く安定した食堂運営の裏に潜む、企業価値を高める機会損失の可能性

 

営業開発部Yです。
株式会社ケイ・エフ・ケイは静岡市内に支社を置いて、事業展開をしています。

数年前、営業担当として静岡エリアを開発していたときに気づいたことがあります。
それは私たちが本拠を置いている神奈川県と比べて(体感的なものになりますが)、静岡県は、比較的長く同じ会社に社員食堂の委託をしている企業様と、ご自分で社員食堂を運営している企業様が多いことです。

推測になりますが、おそらく安定した食堂運営をされていて、お客様との信頼関係が構築されているのでしょう。
実際に訪問しても、「話は聞きますけれど業者を変えるつもりはない」と前置きされるケースが多く、強く印象に残っています。

 

静岡県内での営業活動で気が付いたことが、もうひとつあります。

続きを読む

皆様の社員食堂は大丈夫?給食会社の営業マンが要注意と感じた衛生管理体制

株式会社ケイ・エフ・ケイでは、運営部マネージャーによる定期巡回の際に衛生管理指導を徹底しています。

そのため、私自身が既存事業所に訪問した際、「厨房内が綺麗」「清潔感がある」「調理器具などが散乱していない」「ごみが溢れていない」という現場を見て、衛生管理・指導が行き渡っていると実感することが多々あります。

今回は新規営業の際、お客様から案件のご相談を受けて企業様の食堂見学や試食調査をする機会があり、その中で「これは…」と思ってしまった実例を挙げてお話しさせて頂きます。

続きを読む

委託給食会社の営業とは?委託給食の営業マンが解説する基本的な仕事内容

 

今回は、委託給食会社の営業部の仕事(法人営業)について書いてみようと思います。

 

法人営業(BtoB)と個人営業(BtoC)

一口に営業と言っても大きく法人営業と個人営業に分かれます。
それぞれBtoB、BtoCといった言い方もします。

この場合のBはBusinessで企業が企業に向けて商品やサービスを売るスタイルです。
CはConsumer(消費者)で、企業が個人にモノを売るスタイルということになります。
スーパーマーケットなどが代表的な業種になります。

ちなみにCtoCというのは、消費者が消費者にモノを売る、オンラインや実店舗のフリーマーケットなどがそれにあたります。

 

委託給食会社の営業は法人営業(BtoB)

さて、事業所給食を受託運営する委託給食会社の場合、従業員や食材の調達、献立作成など運営に関する全般をパッケージにして毎月の管理費という形で売り込むBtoBの企業間取引になります。

対象は主に一般企業様や福祉施設等の法人になります。
法人営業の特長としましては、通常、組織内の複数の人間に納得をして頂く必要があります。

続きを読む