エミちゃんの”食から笑みを” の記事一覧

運動の秋。効果を上げるも下げるも食事次第!

 

記録的な猛暑が続いた今年の夏。
「外での運動は控えましょう」という呼びかけもあり、運動を中止していた方も多いのではないでしょうか?
徐々に暑さが落ち着いてくる秋からは、再び体を動かしていきたいですね。

筋肉量を増やしたい、減量したい…単に楽しむだけでなく、体を変えることを目的に運動する方もいることでしょう。

そうであれば、ぜひ食事についてもチェックしてみて下さい。
運動の効果は、食事によってグンと引き上げられます。

続きを読む

止まらない値上げラッシュに。果物の価格の優等生、バナナを活用しよう。

 

昨年から始まった値上げラッシュ
この8月も乳製品や調味料など多くの食品が値上げされ、買い物する度に次々に値段が変わっているような気がします。
節約のために安い商品を探したり、安い食材に切り替えたり…も大事ですが、栄養バランスに配慮して健康を保つことも必要ですね。

そんな中、今回注目したいのは比較的値上げ幅も小さいバナナ

果物の中では安価で、年中手に入りやすい利点もあります。
コンビニでも売られていて、1本ずつでも購入しやすい、包丁で皮を剥く必要がないという点も、食べやすさの理由の1つです。

そんなバナナには、健康にも嬉しい栄養素がいっぱい!
上手に取り入れれば、節約体調アップの両立に繋がります。
そこで今回は、バナナの特徴を整理し、賢い活用方法について考えてみましょう。

続きを読む

減塩だけじゃない!高血圧が気になったら、こんな食事を意識してみよう

 

日本人に多い高血圧。
国民栄養調査によると、20歳以上の約半分が正常血圧を上回っていると言われています。

血圧が上がってくると、血管に負担がかかるため、動脈硬化が進みやすくなり、そこから引き起こされる冠動脈疾患にも繋がりやすくなります。
血圧は遺伝的な要因でも上がりやすく、食生活による原因も特定しにくいのが難しいところ。

ただ、何が原因であっても、食生活が乱れていれば悪化しやすくなるのも事実です。
そこで今回は、血圧を下げやすい食事のポイントを整理してみましょう。

続きを読む

睡眠の質を上げる!眠りに良い食習慣とは

 

皆さんは、毎日気持ち良く眠っていますか?

年齢を重ねると、なかなか眠れない、眠っても夜中に起きてしまうなど、睡眠への悩みを抱える人が増えてきます。
これは、若い頃に比べて活動量が減って代謝が下がることや、体内時計やホルモンの変化などが関係するようです。

ぐっすり眠ることは、日々の疲れを取り除くことはもちろん、仕事の効率を上げたり若さを保ったりする上でも重要。
食生活の工夫で少しでも質を上げて、活き活きと過ごせるようにしていきたいですね。

続きを読む

代謝ダウンにブレーキを!太りにくい身体を作るポイントは?

 

歳をとって、だんだん痩せにくくなった…。
そんな風に感じることはありませんか?
人は年齢を重ねるごとに何もしなくても消費する「基礎代謝」が下がり、消費エネルギーが落ちやすくなります。

ただ、落ちるスピードには個人差があり、年齢を重ねた時こそ大きな差になって現れるのです。
その差が生まれる1つの要因は、「生活習慣」。
食べる量を減らしているのに、体重が増えていくようであれば、一度生活習慣の見直しをしたいですね。

では、どうしたら消費しやすい身体になれるのか?

続きを読む

ダイエットの敵?!健康に配慮したラーメンの食べ方は?

 

私たちに馴染みの深いラーメン
お手頃な価格で広い年代で楽しまれています。
その種類も、家庭で簡単にできる生麺のセットやインスタントラーメン、お湯を注ぐだけのカップ麺など、あらゆるシーンで食べられる商品がありますね。

そんなラーメンですが、食べる時に罪悪感を持つ方が多いようです。
栄養士として食べた物を聞くと「すみません、昨日ラーメン食べました」のように、謝られてしまうこともしばしば。

ラーメン=いけないもの、というイメージがあるようです。

確かに、コレステロールが高いなどの生活習慣病が気になる方や、ダイエット中の方は、注意が必要なのは事実です。
ただ、それは他の様々な料理においても言えること。
食べたいのであれば、工夫しながら上手に楽しんでいきませんか?

続きを読む

日本人は食べなきゃ損?!手軽な健康管理に海藻の活用を

 

春に旬を迎える海藻類
この時期は、魚の専門店やスーパーなどで「新」ワカメや「生」のメカブを目にするようになりますね。
色々な形で保存しやすく、年中出回っている食材ですが、あまり意識して食べていない方も多いのでは?
食卓に上がらなくても違和感がないため、意外と忘れられてしまいがちなのも事実です。

しかし、海藻類には健康上の恩恵がいっぱい!
振り返れば、「味噌汁の具に時々入っている程度」という方は、ぜひもっと活用して頂きたいですね。

美味しい海藻が出回るこの時期に、改めてその良さについて見直してみましょう。

続きを読む

休肝日どう作る?スマートなお酒の付き合い方は?

 

皆さんは賢いお酒の飲み方をしていますか?

若い頃はいくら飲んでも体重が増えなかったけど…。
体重は変わらないけど、お腹が年々出てきた…。

血液検査の数値が悪くなった方々とお話をしていると、こんな声をよく聞きます。
特に、体重が基準値内でもお腹周りが大きい方の中には、アルコールがコントロールできずに悩む方も…。

私自身もアルコール好きですが、飲み過ぎると体重は変わらなくてもお腹が緩むと感じます。
ストレスが解消されたり、コミュニケーションがスムーズになるなど、メリットもありますが、デメリットとも隣り合わせなのが難しいところです。

身体の内側も外側も、より良い状態を保つためには、アルコールとは上手に付き合っていく必要があるでしょう。

続きを読む

コロナもインフルエンザも?!βカロテン増量で乗り切ろう

 

寒さと乾燥が続くこの時期。
コロナも新しい変異株が次々に出てきて、まだまだ収まる兆しが見えません。
さらにインフルエンザも同時流行していて、コロナとの同時感染というニュースも耳にします。
どちらか1つでも大変なのに、一度に感染とは想像するだけでも辛いですね。

そんな中、一般の方の食事を見ていて目立ったのが「ビタミンA」の不足
国民栄養調査の数字を見ても、平均的に足りておらず、30代以上の働き盛りの男性においては、1日650μg(レチノール当量)の必要量に対して100〜150μgもの不足があるという現状です。

ビタミンAを十分摂っておくことは、粘膜を整えて皮膚の乾燥を防ぎ、免疫力を高めることに繋がります。
どんなに予防を徹底しても、もはやいつどこで感染してもおかしくない状況下。
ワクチン摂取も大切ではありますが、自らの抵抗力を上げることこそが何より大事です。

続きを読む

完全食は健康食?!メリットとデメリットを整理しよう

 

私たちが病気にならずに生きていくために必要な様々な栄養素
これを単品で補えるものは、自然な食材の中にはありません
そのため、私たちは、ご飯や肉、野菜など、特徴の異なる素材を組み合わせて、必要な栄養素を確保しています。

難しいのは、ご飯は糖質のみ、肉や魚はたんぱく質のみ、ではなく、ほとんどの食材が何種類もの栄養素を含んでいて、その割合がそれぞれ違うということ。
単純な栄養素の足し算引き算ではなく、基準値という完成形に向けて、パズルのように組み合わせる必要があることかもしれません。
当然ながら、美味しい物を食べたいという欲もありますから、栄養面と美味しさの両立も重要です。

そんな中、話題になっている「完全食」。
1食に必要な栄養素がバランス良く1品でとれるという食品で、ドリンクやパンなど商品の種類も増えてきています。
中には、いわゆる「ジャンクフード」のイメージが強い商品を改良した「完全食」もあり、「あれなら毎日食べてもいいの?」と聞かれる事も。

20221219img_01

確かにメリットがある「完全食」ではありますが、果たして健康に良いものなのか?
メリットデメリットを整理しながら考えてみましょう。

続きを読む